本文へスキップ

長崎県長崎市目覚町4番地~18番地
自治会会員95世帯:正会員21、法人会員73(As of R2.Jun) 


目覚町自治会会員のための情報提供サイトです。
デジタル回覧板はどなたでもご覧になれますが、
アーカイブ、決算報告等は会員限定パスワードが必要です。
新着情報

先ほど飼い主さんから見つかりました!との連絡がありました。長崎市動物管理センターから、銭座地区民家の敷地内で保護されていますとの連絡があったとのことでした。無事で良かったです。(9/24更新)

愛犬を探しています!
ご協力をお願いします。
9月21日、午前8時半頃、緑町付近で脱走したとのことです。心当たりのある方は飼い主さんへ連絡をお願いします。連絡先は090-***-**** **さんまで。(9/24更新)


9月15日(火)19時~20時、銭座小学校体育館にて「幸町周辺の都市計画見直し素案に関する説明会」が開催されました。内容は①都市計画見直し方針②都市計画見直し素案③長崎スタジアムシティ土地利用計画及び、中部下水処理場 水処理機能停止計画④幸町周辺の道路計画及び交通計画⑤スケジュールです。説明会の資料と意見書は長崎市都市計画課ホームページで25日まで閲覧できます。(9/16更新)


台風10号接近のため9月7日(月曜日)のごみ収集(燃やせるごみ)は中止
となりました。次回は10日(木)です。古紙は14日(月)となります。(9/4更新)

9月回覧板をアップしました。デジタル回覧板よりご覧ください。
(9/2更新)

厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)」のインストールをお願いします
自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもります。
※個人情報や位置情報の記録はされません。
スマートフォンのブルートゥースを利用して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
利用者は陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。

詳しくは厚生労働省HPをご覧ください。(8/18更新)

マイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済の普及、消費の活性化を目的とした「マイナポイント事業」は、総務省が実施している政策です。実施期間は2020年9月から2021年3月まで。
目覚町厚生部長の私はマイナポイントの決済サービスに電子マネー(ワオン)を選択しました。※この場合、ワオンチャージ上限2万円でワオンポイントが25%の5,000waonとワオン特典10%の2,000waonがもらえます。詳しくはこちらをご覧ください。(8/11更新)


市民大清掃のご協力ありがとうございました。(8/2更新)

8月回覧板をアップしました。デジタル回覧板よりご覧ください。(7/31更新)

「銭座地区コミュニティセンター」が国民の祝日に国旗を掲揚するようになりました!(7/23更新)

8月2日(日)は市民大清掃の日!今年も朝9時から木下漢方内科さん横の町内掲示板前に集合です。ボランティアごみ袋は各ゴミステーションに用意します。皆さん町内をきれいにしましょう!終了後には町内から飲み物引換券がでますよ。(7/10更新)

長崎市『地元で使おう』商品券(長崎市プレミアム商品券)の購入申込みは7月30日(木)までです!1冊10,000円で飲食店限定は3,000円、共通店舗は2,000円もお得。詳しくは長崎市HPから。(7/6更新)


7月回覧板をアップしました。デジタル回覧板よりご覧ください。(7/1更新)

目覚町は来年(令和3年)4月に銭座校区連合自治会を脱退します!先週12日(金)に開催されました目覚町自治会令和2年度総会で、川口前会長から「自治会長職の負担軽減のために銭座校区連合自治会からの脱退提案」を議案として提出され、正会員全員から一人の反対もなく承認を得ましたのでご報告します。提案書はこちらからご覧ください。(6/13更新)

以前の新着情報


このページの先頭へ

copyright©2020 Mezame-Machi all rights reserved

contents

令和3年度、
銭座校区連合自治会脱退
に関する
お知らせ


スマートフォンは
下記QRコードを読み取って
ご覧ください







※会員以外への問合せには
原則回答していません。

目覚地区集会所へ

長崎市役所へ


 目覚町の由来
  元亀2年(1571)長崎が始めて貿易港として開かれた頃、現在の浜口町、岩川町等の平地部分はまだ海水が入り込んた入り江でした。
このあたりが陸地となったのは享保15年(1730)、浦上村山里で新田開発が始まってからです。明治11年(1878)長崎県西彼杵郡浦上山里村里郷となり、明治31年(1898)に里郷の一部が長崎市に編入され、大正2年(1913)に町名が目覚町となりました。
町名は元々この地に目覚と呼ばれた小字名があったことから付けられました。
目覚町の由来は定かではありませんが、目覚町が古くから浦上街道の道筋にあたることから、長崎を朝早く出発した旅人がこの地に着く頃が夜明けを迎えた目覚の頃、あるいは旅人の眠気が覚めた頃だからという説があります。