本文へスキップ

活動報告report

目覚町交差点の横断歩道横にゴミの不法投棄がありましたが、環境部廃棄物対策課の迅速対応で即日解決となりました!(10月1日更新)

活動報告写真

10月1日(木)朝、自治会会員の方から目覚町交差点、横断歩道横、ガードレール内側に、29日朝から粗大ゴミ(三つ折りマトレス)が放置されているとの相談がありました。
前日の30日(水)は不燃ゴミの回収日でしたが、ゴミステーションは横断歩道を渡った10メートル程先にあるのでどうして?との思いだったそうです。29日の深夜に持ち込まれた可能性があるとのことでした。
自治会に連絡を受けて、長崎市環境部廃棄物対策課へ相談したところ、午後には回収が完了しました。市環境部廃棄物対策課の迅速な対応に感謝します。ありがとうございました。


8月2日(日)「市民大清掃」、目覚町がよりきれいになりました!(8月2日更新)

活動報告写真

本日(8月2日)は市民大清掃の日です。毎年、8月の第一日曜日に実施されます。なにも夏の暑い盛りにやらなくてもいいのでは?といった声もありますが、この日に実施するのには訳があります。
長崎に原爆が投下された8月9日、原爆犠牲者の冥福を祈り、核兵器廃絶と恒久平和の実現を世界に訴えるために開催される平和祈念式典を、私たち長崎市民が町をきれいにして迎えるためなのです。
今年は町内から12名が参加して汗を流しました。皆さん昔からの顔になじみの面々ですが、最近ではこうやって会って話せる機会は多くはありません。清掃中にいろんな話が聞けました。地域のふれあいの場ともなっていることを実感しました。皆さんお疲れさまでした。


銭座地区コミュニティセンターが、国民の祝日に国旗を掲揚するようになりました!
(7月23日更新)

活動報告写真

7月1日、銭座地区コミュニティセンターに、目覚町厚生部長からの要望として、「銭座地区コミュニティセンターは国民の祝日には国旗を掲揚するようにして欲しい!」と電子メールを送信しました。理由は、
1.指定管理者である銭座地区コミュニティセンター運営委員会は平成17年の開所以来、国民の祝日に国旗を掲揚することを拒んできた。
2.同館は昨年11月の条例改正により、4月から所管が変わり、他のふれあいセンターと同じ施設となった。
3.他の市有施設は、長崎市が定めた「国旗の掲揚等に関する要領」に従っていることがわかった。
結果、7月23日(海の日)、写真の通り国旗が掲揚されることとなりました。

会員1世帯につき10枚のマスク配付について(5月15日配付)

活動報告写真

アベノマスクが待てど暮らせど届かない昨今、マスクの入手が困難ではなくなってきました。
5月14日、目覚町自治会執行部では会員一世帯に付き10枚、全会員で約1,000枚分のマスクを茂里町薬局さんに発注しました。そして5月15日、マスクが納品されましたので会員95世帯に届けました。全国の自治会の中には対コロナ「独自給付金」を支給しているところもありますが、目覚町にはそこまでの余裕はありません。給付金の次にもらって嬉しいものは「マスク」ということで実施しました。



目覚町自治会総会延期について

活動報告写真

目覚町自治会、令和2年度の総会を4月18日(土)午後7時から開催予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため延期としました。
4月7日には政府から緊急事態宣言が発表され、4月9日には長崎市自治振興課より書面で自粛要請もありました。
自治会の皆さま、手洗いや咳エチケットの励行と、3密(密閉、密集、密接)を避けてお過ごしください。コロナが落ち着きましたらあらためて総会の日程をお知らせします。



目覚地区集会所の運営委員会開催:令和2年4月19日10時から

活動報告写真

目覚地区集会所の令和2年度運営委員会が4月19日(日)午前10時より開催されました。
議題は(1)令和元年度収支決算について(2)令和2年度予算案について(3)中村会長辞任による後任の選出について
収支決算については収入総額から支出総額を差し引いた事業差益が129,281円でした。令和2年度の予算は前年度を引き継いだ内容とし承認されました。新会長は内野上目覚町自治会長が1年間の任期で選出されました。


contents


目覚地区集会所へ

長崎市役所へ